携帯端末向け売上高、カーナビ向け抜く

地図情報大手のゼンリン(北九州市)が8日発表した2013年3月期決算で、スマートフォンなどの携帯端末向け有料地図情報サービスの売上高が、これまでトップのカーナビ向けの売上高を初めて抜いた。携帯端末向けの売上高は、33・2%増の141億円。売上高全体の4分の1を占める。無料の地図サービスが普及するなか、高山善司社長は「有料サービスの会員は、案外順調に増えた」と話す。

The sales amount of the pay map information service for handheld units such as smartphones outran until now sales amount for car navigation systems of the top by the settlement of accounts for the first time for March, 2013 period when map then Lin (Kitakyushu-shi) of information major announced 8th.14,100 million yen that the sales amount for handheld units increases by 33.2%.I occupy a quarter of the whole sales amount.President high mountain Yoshiji tells you, "the members of the paid service increased smoothly unexpectedly" while free map services spread.

情報長調の地図、それからリン(北九州市)が第8を発表した期間を、多機能電話のような携帯端末のための賃金マップ情報サービスの売り上げ高は、2013年3月の間初めて口座の解決によって、トップの自動車のナビゲーション・システムのために、現在売り上げ高まで上回りました。携帯端末のための売り上げ高が33.2%増加する141億円。私は、4分の1の全部の売り上げ高を占めます。あなた(無料の地図サービスが広がる間「予想外に滑らかに増やされる支払われた部門のメンバー」)に、大統領の高さの山ヨシジは言います。

— posted by id at 11:24 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 1.9472 sec.

http://ebook-my-home.com/