猫はごろごろ咽喉《のど》を鳴らしながら

と猫はごろごろ咽喉《のど》を鳴らしながら、秋刀魚の傍に歩るいて来て、しきりに鼻をぴく/\させました。 魚はいろいろ身上話をして、自分を海まで連れていつて貰ふわけにはいくまいかと、飼猫にむかつて相談をいたしました、猫はしばらく考へてゐましたが『それぢや、私が海まで連れていつてあげませう、そのかはり何かお礼をいたゞかなければね。』 と言ひました、そこで秋刀魚は、報酬として猫に一番美味しい頬の肉をやることを約束して、海まで連れていつて貰ふことにしました。 焼かれた魚は、海へ帰れると思ふと、涙のでるほど嬉しく思ひました。 そこで猫は焼いた魚を口に啣《くは》へて、奥様や女中さんの知らないまに、そつと裏口から脱けだしました、そしてどんどんと駈け出しました、ちやうど街|端《はづ》れの橋の上まできましたときに猫は魚にむかつて『秋刀魚さん、腹が減つてとても我慢ができない、これぢやああの遠い海まで行けさうもない。』 と弱音を吐きだしました。魚は海へ行けなければ大変と思ひましたので『それでは、約束のわたしの頬の肉をおあがりよ、そして元気をつけてください』 と言ひました。猫は魚の頬の肉を喰べて了ふと、どん/\後もみずに逃げてしまひました。 魚はたいへん橋の上で悲しみました、そして誰か親切なものが通つたなら、海まで連れて行つて貰はうと思ひましたが、さびしい街|端《はづ》れの橋の上はなかなか通りませんでした、そしてその日は暮れてしまひました。 翌朝《あくるあさ》幸ひ早起きの若い溝鼠《どぶねずみ》が通りましたので、魚はこのことを頼んで見ました。 溝鼠は『それはわけのない話だ、しかし道程《みちのり》もかなりあるし、私もまだ朝飯前だから』と言ひましたので、魚は自分の片側の肉を喰べさして、そのかはりに海まで運んで貰ふ約束をいたしました。

— posted by id at 12:27 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1232 sec.

http://ebook-my-home.com/