水に住む魚

魚はびつくりしてしまひました。それは水に住む魚が、陸《をか》の上を散歩をするなどゝは、いまがいまゝで知らなかつたからです。『水の魚が土の上を歩るかれるのかしら。』 魚はあまり不審なものですから、つい独語《ひとりごと》のやうに言ひました。『そりや、いくらでも土の上を歩るけるさ、水の中を歩るくやうな、楽なことはないがね、それでも柔らかい青草の寝床もあつたり、まつかな果物が実つてゐたり、小羊といつしよに広つぱにあそんだり、小鳥の家《うち》に招待されてごちそうに、なつたりしてゐると、少し位の疲れたのは忘れてしまふよ。』 かう青い小父さんは話しました。 それから陸の上の景色は、水の中の景色よりずつと美しいことから、花園にすむ蝶々のはなし、人間の街と馬に乗つた兵隊さんのはなし、楽器の巧みな昆虫達のはなし、その他さま/″\のおもしろいことを、青い小父さんはゝなしてくださいました。 魚はちよつと散歩をして見たいやうな気持になりました。 青い小父さんは、最後に魚に散歩をして見よう。案内は私がしてあげませうと、盛んにすゝめました。 青い小父さんは、自分が水の魚であるといふことを証明するために、水の中にはひつてさかんに泳ぎ廻りました、そのまた泳ぎ方が非常に上手で、どんなに姉さんが巧みに踊りながら泳いでも、とてもこの青い小父さんの足もとにも追《おひ》つかないほど、しなやかな体をして泳ぎました。 妹の魚はふと青い小父さんの体のどこにも、魚のもつてゐる鰭のないことに気がつきました。 妹娘は急に怖くなつたので、いつさんに自分の家に逃げ帰りました。『あゝ怖かつた、わたしは魔法使の魚にあつたの。』 かう言つて家に帰つた妹娘の魚は眼をまんまるにしながら、くはしく様子を物語りました。『まあなんといふ不思議な魚なんだらうね。』 母親の魚は言ひました。

— posted by id at 12:32 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.0631 sec.

http://ebook-my-home.com/