煙草が大好物で

それは遠くの方から茂作をながめると、茂作がけむりに包まれてゐるやうに、見えるからでした。 それほどに茂作は、煙草が大好物で朝から晩まで、一日中、ぷかり/\と煙草を吸つてをりました。 村の人達が、夜になつて、それぞれ元気に艪拍子《ろびようし》をあはせて、えつさ/\と沖の方に烏賊《いか》つりにでかけました。 茂作は、みなの者が夜釣りにでかけるのに、そのころには、早くから寝床の中にもぐりこんで家中を、もやのやうに、煙草の煙でとぢこめて、その煙のなかに、茂作は大あぐらを組んで、煙草を吸ふことに懸命でした。 ときどき思ひ出したやうに、仲間の漁師達と烏賊釣りにでかけることがありました。そんなときは、茂作は烏賊を釣りあげるよりも、長いきせる[#「きせる」に傍点]に煙草をつめて、吸つてゐる方が多かつたものですから、他の漁師達の半分も烏賊を釣ることができませんでした。 すると、こんなときには、茂作は自分のなまけてゐることを棚にあげて、漁の少ないことに腹をたてて、船をむかうの船に、わざと打ちつけてみたり水面を掻き廻したり、それはさんざんに、邪魔をいたしますので、誰ひとりとして村の人達は、茂作を憎まない者がありませんでした。 茂作は、それほど怠け者で、あばれ者でありました。 或る日、茂作は村の人達が漁にでかけてゐるのに、自分は家の中で、寝床から半身を乗り出して、いかにもなまけ者らしい顔をしながらおいしさうに長いきせる[#「きせる」に傍点]でのんきに煙草を吸つてをりました。 すると不意に、茂作の家の屋根のあたりでそれは/\大きな声で、つづけさまに、二つ三つ嚏《くさめ》をするものがありました。 茂作はあまりだしぬけでありましたのでびつくりいたしました。『これは大変だ』 かう言つて茂作は、むつくりと飛び起きて戸外にでてみました。それは茂作は、きつと風邪をひいた泥棒が、屋根の上に忍んでゐると思つたからでありました。

— posted by id at 12:47 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1404 sec.

http://ebook-my-home.com/