箒星の通りかかつたとき

箒星の通りかかつたとき、茂作は用意の竹のきせる[#「きせる」に傍点]で一生懸命になつて、煙を空にふきかけました。 箒星のお姫さまは、つづけさまに二三十も雲の上で嚏をいたしましたが、苦しまぎれに、自分の乗つてゐた白い雲の上から足を踏みはずして、あつと言ふまに海のまん中に、ざんぶとおちてしまひました。

[#4字下げ]三[#「三」は中見出し]『しめたぞ、箒星が海に墜ちた。』 茂作は、こをどりして喜びました。 さつそく小舟にのつて、茂作は海へ乗りだしました。そして箒星のをちたと思ふあたりに錨《いかり》ををろして、すつ裸になつて、海の中にもぐりました。 茂作は、深い海の底を、あつちこつちと泳ぎながら探し廻りましたが、金の箒はみつかりませんでした。 みつからないのも道理です、箒星の天女だけは、まつさかさまに、海の中におちましたが、天女の手にもつてゐた金の箒は雲の上に残つてゐて、雲は箒をのせたまま、とほくの空に流れて行つてしまつたのでした。 さうとも知らず茂作は、海の底を、血眼《ちまなこ》になりながら金の箒を探してをりますと、ふいにあつちこつちの海草のなかから、星のかたちをした赤い色の魚とも虫ともつかないものがたくさん現れてまゐりました。 そして海の中の星のやうに、きらきらと光りながら、『恨めしい茂作さん、わたしを天から墜《おと》したね。』かう言つて泣きながら、その星のやうなものは、茂作の背中にぴつたりと吸ひつきました。 茂作はびつくりして水面にうかびあがり、船にのつて逃げ帰りました。    *

— posted by id at 12:50 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.0470 sec.

http://ebook-my-home.com/