珠を失くした牛

母親はアマム・エチカッポの孝行に感じて『お前は、一生のうち、アマム『米又は粟』を喰べて暮らしなさい。』と言ひました。 そして親不孝のイソクソキには『お前の不孝者には[#「お前の不孝者には」はママ]、一生涯腐つた木を突ついて、虫をお喰べなさい。』と言ひました。 それからと言ふものは、雀は清浄《きれい》な米や粟を、啄木鳥は、腐れた木から虫を探して喰べるやうになりました。 今でも愛奴《あいぬ》達は、余り家のちかくの樹に、イソクソキが来て、虫を探すことを喜びません、そして灰をまいてこの不浄な鳥のちかよつたことを、清める習慣があります。(大14・11愛国婦人)[#改ページ]

珠を失くした牛[#「珠を失くした牛」は大見出し]

[#4字下げ]一[#「一」は中見出し] 森の中の生活は、たいへん静かでおだやかでした。誰もむだ口をきいたり喧嘩をしたりするものがありませんでしたから、ながいあひだ平和な日がつづきました。 すると或る日のことです。どこからか一匹の野牛《のうし》が、この森の中にやつてきました、そして誰にことはりもなく、どしりと大きな体を草の上に横にして草をなぎ倒し、かつてに棲家をつくつてしまつたのでした。『ほつほホ、あなたは何処から、やつてきましたか』 森の支配人をしてゐる、白い鳩は、かう優しく杉の木の枝の上から、この野牛にたづねかけますと、野牛は大きな首をふいにあげて『なんだ、小癪なチビ鳩め、どこからやつて来てもいゝぢやないか。けふから俺様が森の支配人だ』 とそれは雷のやうな、大きな声でどなりつけ、火のやうな鼻呼吸《はないき》を、ふーつと鳩にふきかけましたので、『ほつほホ、これはたいへんなお客さんが森へやつてきたゾ、ほつほホ』

— posted by id at 12:53 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1297 sec.

http://ebook-my-home.com/