誰もゐない酒場

 馬賊の大将は、がらんとして誰もゐない酒場に、仁王だちになつて、髯を針金のやうにぴんぴん動かしながら『さあ、みんなお金も宝物《はうもつ》も出してしまへ。』 と叫びましたが、酒場の中はしーんとして返事をする者もありません。 ふと棚の上をみますと、そこには、青や赤や紫や、さまざまの色の酒の甕がづらりとならんで、ぷん/\とそれはよい匂ひを大将の鼻の穴にをくつてきましたので、大将は『これはたまらん』と、この大好物を窓際のテイブルの上に、もちだして、ちびりちびり飲みながら、窓からお月さまをながめて、ひとやすみいたしました。

[#4字下げ]三[#「三」は中見出し] 馬は窓際に立たしてをきました、それは、もしも大将を捕へようと、街の兵隊が押しよせてきたときには、大将はひらりと窓をのり越えて、馬の背にまたがつて、雲を霞と逃げてしまふ用意であつたのです。ところが酒場の人の知らせで街の馬に乗つた兵隊が百人ほど、一度にどつと酒場に押しよせてきたときには、大将はひらりと、得意の馬術で、逃げだすどころか、あまりお酒をのみすぎて、上機嫌で月をながめてゐましたので、それは苦もなく兵隊にしばられてしまひました。 そして馬賊の大将は、首を切られてしまひました。一方馬賊の山塞では、いくら待つてゐても、大将が山塞に帰つてきませんので、家来達はたいへん心配をいたしました、さつそく四方八方へ手別《てわ》けをして、大将をさがしましたが、その行衛《ゆくゑ》がわかりませんでした。 一人の大将の家来が、或る街の処刑場《しをきば》の獄門の下を通りかかるとおい/\と家来を呼び止《とめ》るものがありました。ふと獄門の上を見あげますと、獄門の横木の上に、行衛《ゆくゑ》不明の馬賊の大将の首がのつてゐるではありませんか。『おや、これは大将、なんといふ高いところに、家来共は夜《よ》の眼も寝ずに、あなたさまの行衛《ゆくゑ》を探してをりましたのに[#「をりましたのに」は底本では「おりましたのに」]。』かう言つて獄門の首を、家来は見あげました、すると大将の首は、たいへん不機嫌な顔をしながら『つくづくと、わしは馬賊の職業《しやうばい》がいやになつた。山塞に帰つて、みなの者に言つてくれ、大将は、たいへんたつしやで、毎日陽気に月見をしてゐるから、心配をしないでくれ。たまには人間らしい風流な気持になつて、この大将を見ならつて、酒でものんで月でもながめる気はないかとね。』 大将は、獄門のうへで、二日酔のまつ赤な顔をしながら、かう言ひました、そして陽気に月をながめながら歌をうたひました。 切られた大将の首は、酒場でたらふくお酒をのみましたので、なかなか酔がさめませんでした、そして毎日のやうに、月をながめながら歌をうたひました。

— posted by id at 12:59 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.1377 sec.

http://ebook-my-home.com/