三人の騎士

三人の騎士[#「三人の騎士」は大見出し]

[#4字下げ]一[#「一」は中見出し] 三人の若い騎士が、揃つて旅をいたしました。筋肉のたくましい、見るからに元気な騎士は黒い甲冑を着てをりました。背のひよろ/\と高い騎士は白い甲冑を、いちばん痩せこけて小さい騎士は青い甲冑を着てをりました。 この三人の騎士は、目的地である王城のある街へ、せつせと旅をつゞけてをりましたが、三人の住んでゐた街から、王城までは、かなりの里程《みちのり》がありましたし、それに広々とした野を横切らなければなりませんでした。 騎士達の住んでゐた街の、いたるところの街角に奇妙な木の札《ふだ》が建てられたのは、ついこの間のことでありました。 それはこの国でいちばん勇ましい騎士に王様が、たつた一人よりない可愛い王女をくれるといふ、立字《たてじ》が書き綴られてあつたのです。 もと/\この国の王様には、王子のないことを臣民は知つてをりました。それで若い騎士達は、争つて王城をさして押しかけました。美しい王女さまを貰つた上に、この国の王様の世継となつて、やがてはおびたゞしい土地と、人民を統御することを想つては、若い騎士達はじつとしてゐることができませんでした。 そしてぞく/\と押しかけた騎士達は、王宮の前庭にたくさん集りました。 たゞ騎士達は、この多数の自分達の仲間から、たつた一人の幸福な候補者を王様はどんな方法で、お選びになるかといふことが、だれにもわかりませんでした。王様の御前で、勇ましい真剣勝負をするのか、または闘牛の技競《うでくら》べをするのやら、馬術をおめにかけるのやら、さつぱりわかりませんでした。 この三人の騎士達も、この思ひもかけない幸福にめぐり合ふとして旅をつゞけてゐる若者でありました。

— posted by id at 01:01 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.0507 sec.

http://ebook-my-home.com/