法螺貝の音

さすがの黒い騎士も、からだに水を浴びたやうに、恐ろしく思ひました。 しかしこゝで弱味を見せてはならないと心に思ひましたので、女が次の腕をもぎとつて喰べだしたとき、だまつて手を差しだしました。 騎士は赤児の腕を喰べようとするのです。女はこれをみて声をあげて、笑ひました。そして赤児の頭をもぎとつて、騎士の手に渡しました。 騎士はその赤児の頭をうけとると、眼をつむつて、夢中になつて噛りつきました。 赤児の頭は案外柔らかく、そしてぼろ/\と乾いた餅のやうに欠け落ちるのです。その味はなんだか、蜜のやうに甘いやうに騎士には思はれました。 騎士は頭を喰べおへると、また手を出して赤児の足をくれと女に言ひました。騎士は何が何やら、わけがわからなくなつてしまつたのでした。 そして騎士は、まつ暗な墓場のなかで、赤児の死骸をぺろりと平らげてしまひました。そのとき何処《どこ》からともなく、法螺貝の音が聞えました、つゞいて人馬のひゞきが起りました。騎士は暗がりの中からあらはれた、たくさんの手のために、其場に押し倒され、頭からすつぽりと袋のやうなものをかぶされてしまひました。 そして騎士は、馬の背にのせられて、どことも知らず運んでゆかれました。     * なんといふ明るさでせう、騎士が馬から、おろされたところは、まつくらな墓場とは、似ても似つかない、昼のやうにあかるく七色の花提灯《はなちようちん》をつるされた、大理石の宮殿の中でありました。 黒い騎士が旅の目的地であつた、王城の中に立つてゐたのでした。 やがて正面の扉がひらかれて、白い長い髯を垂れた王さまが、にこ/\と笑ひながら出てまゐりました。 それよりも驚ろいたことには、野原の中の古ぼけた寺院の怪しい女が、見ちがへるほどに美しい服装をして、これもにこ/\しながら現れました。

— posted by id at 01:22 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.1707 sec.

http://ebook-my-home.com/