七面鳥

――さあ、手品師、手際《てぎは》の鮮やかなところを見せておくれよ。 ――へい、そんな事は容易《たやす》いことで、わたしは、子供の時からこの歳《とし》まで三十年間も、手品師で飯を喰つてまゐりました。 ――それでは七面鳥に化てごらん。 ――へい、そんな事は容易《たやす》いことで。 ――手品師、蟇に化けてごらん。 ――へい、そんなことは、尚更楽なことで。 ――それでは、烏になつてごらん。 ――へい、なほ楽なことですよ。 手品師は、手品の種を無くして、途方にくれながらも、かう言ひながらしきりに思案をいたしました。 ――手品師、お前は手品の種を、なくしたんだらう。 かう見物人の一人が言ひましたので手品師は ――いかにも、みなさん、わたしは手品の種を失ひましたが、種なしでも上手にやつてのけませう。 と言ひました。 青い街の人々は、一度に声を合せて笑ひました。 手品師は、そこでその橋の欄干の上に、立ちあがつて、水もなんにもない石畳の河底につくまでに、黒い大きな蝶々となつて舞ひあがり、もとの橋に戻つて見せようと、見物人に言ひ、そして橋の上から、ひらりと、眼もくらむやうな深さになる河底めがけてとびをりましたが、手品師は黒い蝶々にもなれずに、一直線に河底に墜ちてゆきました。     * ――やあ、手品師が死んでる。 青草の上に、冷めたくなつた手品師をとり囲んで、河岸で子供達がわいわい騒ぎました。

— posted by id at 01:27 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.0248 sec.

http://ebook-my-home.com/