豚と青大将

豚と青大将[#「豚と青大将」は大見出し]

 田舎で豚飼をしてゐた男が、その豚飼に失敗して、何か仕事を見つけようと、都会にやつて参りました。 この男は正直者でした。ただお酒を飲むとおしやべりになるといふ癖がありました。 ところがお酒を飲まない平素《ふだん》は、たいへん話下手で、それに吃りました。 お酒は、この男にとつて、油のきれた歯車に、油をそゝいだやうなものでした。 都会にやつてきても、この男はお酒をたくさんにのみました。 上機嫌になつて、酒場《バー》の中で、おしやべりを始めだしますと、同じ酒場《バー》のお客さんたちは、『そろそろ、吃りの男に、油が乗つてきたぞ。』 と、ぽつぽつと、一人去り、二人去つて、しまひには、お客は、豚飼の男たつた一人になつてしまふのでした。 まつたく、その男の話といふのは、馬鹿々々しい、それは、それは退屈な話でありました。 お客さんたちが、腹をたてるのも、無理がありません。或る日もこの男は自分が豚を飼つて失敗をした話を始めました。 最初の間は、お客さんも、親切に、そして熱心に、この男のくどくどと長つたらしい、話をきいてくれました。しまひには、腹を立てました。酒場《バー》の亭主や、酒場《バー》の娘さんは、不機嫌な顔をいたしました。そして『お酒をやめなければ、あなたは偉い人間にはなれませんよ。』 といふのでした。 さてその男の、馬鹿げた話といふのは、かうなのです。     *

— posted by id at 01:36 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.1300 sec.

http://ebook-my-home.com/