三頭のりつぱな種豚《たねぶた》

男は、北海道の、それはそれは広い、草ばつかりの丘の上で豚飼をはじめたのでした。 まず最初、三頭のりつぱな種豚《たねぶた》を買ひこみました。この三頭の親豚を資本《もとで》にして、四五年のうちに、五六十頭も子豚を、殖やさうといふのでした。 豚は、玩具《おもちや》のやうな小さな貨物列車にのつて、やつてきました。男はその三頭の種豚を、駅まで出迎へにまゐりました。 豚たちは、いづれも元気でした。長い旅行をしてきたのに、脚一本傷ついてゐなかつたのです。豚はぴんぴん跳ね、そのあたりの草原をころげまはりました。 男もうれしくなつて、道の傍から、一本の棒切れを拾ひ、それで上手に、三頭の豚のお尻をかはるがはる殴りました。そして豚小屋の方に連れてゆきました。 ところが、男は道をまちがへて、とんでもない、河のあるところへ出てしまつたのです。 そこで男は、河の面《おもて》をながめながら、ちよいと小首をかたむけて、思案をしました。『ちよいと、豚さん冷めたいよ』 かういつて、豚飼の男は、三頭の豚のうちで、いちばん肉づきのよい、重い豚の首筋を押へつけて、河の中にいれました。 その河へ押入れられた豚は『いやだ、いやだ。』 としきりに首を振りました、男は『やつこらさ。』 とその豚を手早くひつくり返してしまひました。そしてその豚をお舟にして、一頭を小脇に抱へ、一頭を背負ひ、男は豚のお舟にのりました。そして無事に、男と二頭の豚とは、向うの河岸《かし》に着くことができましたが、可哀さうに、お舟になつた豚は、たらふく水を飲んだので、岸につくといつしよに、ぶくぶく沈んでゆきました。『これは大変なことが出来たぞ、これを死なしては大損だ。』 男はうろたへて、その豚のお腹を、力まかせに、殴つてみたり、さすつて見たりいたしましたが、とうとう生き返りませんでした。 そこで仕方なく、その死んだ豚は、通りかかつた農夫にやつてしまひ、生き残つた二頭の豚を追ひながら、夕方ちかくになつて、新らしく建てられてゐる豚小屋に着きました。 翌日のことです。

— posted by id at 01:36 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.1066 sec.

http://ebook-my-home.com/