一頭の豚

一頭の豚は、男が親切に、とり替へてやつた寝藁《ねわら》を[#「とり替へてやつた寝藁《ねわら》を」は底本では「とり替へてやつた。寝藁《ねわら》を」]蹴飛ばし、水桶をひつくり返して、小屋中水だらけにして広い除虫菊畑にとびだしました。 その日は、お天気がよかつたので、豚は小屋の中に、居るのが嫌だつたのでせう。 豚は男の大事に手入れをしてゐた、除虫菊畑を歩るきまはつて、花をすつかり踏みにじつたので、男は腹をたてました。『なんといふ不心得者だらう、勘弁はならない。支那人の料理人《コック》の言つたやうにして、懲《こ》らしてやらなければ。』 豚飼の男のお友達に、支那人の料理人《コック》がをりました。そしてこの料理人《コック》の話では、豚のお尻の肉を、庖丁で削りとつて、その切りとつた痕に、土を塗つてをけば、翌日ちやんと、もとどほり肉があがつてゐるといふことでした。 そこで男は、豚を木柵《もくさく》にしつかりとしばりつけてをいて、肉切庖丁を、一生懸命に磨ぎ始めました。 あまり腹を立てたので、手元がふるへて、庖丁を磨いでゐる最中、小指をちよつとばかり切りました。『豚奴が、刃物とまで共謀《ぐる》になつて、わしを苦しめようとしてゐるのだらう』 と、そこでますます腹をたてました。 やがて庖丁がギラ/\と研ぎ上ると、種豚を押へつけ、お尻の肥えたところを、掌《てのひら》ほどの大きさだけ、庖丁できりとつて、そのあとに土を塗つてをきました。 その夜は、豚のお尻から削りとつた肉を、鍋で煮て、お酒をのんで、おいしい、おいしいといつて男は眠りました。 翌る日のことです。豚のお尻の創《きず》あとは、ちやんと治つてをりました、以前にもまして脂肪《あぶら》がキラキラと光つてをりました。『ほう、これは不思議、なかなか便利ぢやわい。』

— posted by id at 01:37 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.2344 sec.

http://ebook-my-home.com/