唖娘はたいへん喜んで

唖娘はたいへん喜んで、花園の土の中に両足を埋めてみると翌朝唖娘は、それは美しい緋色の牡丹となつてゐたのです。

[#4字下げ]五[#「五」は中見出し] 牡丹の花園の、まつしろな花の中にたつた一本咲いてゐる、唖娘の緋牡丹は、仲間の牡丹達に、それは/\女王さまのやうに、もてはやされました。 その上に、唖娘が野原でお友達になつた緋の衣装《ころも》をきた少女が、この牡丹園の主であつたのです。 牡丹園の少女は、それは優しい心の持主で唖娘の牡丹を『緋牡丹姫《ひぼたんひめ》』と呼んでくれました。緋牡丹姫のいちばん嬉しかつたのは、おたがひ牡丹同志では、自由自在に話をすることができることでした。 緋牡丹姫は、お友達の白い牡丹に、これまでの悲しかつた身の上を物語りますと、みなはたいへん同情をしてくれました。『わたしは、精いつぱい大きな声で笑つてみたいの……わたしは笑ふことも泣く事も忘れてしまつたのですもの。』 と言ひますと、白い牡丹の花は、眼をまんまるくして『そんな幸福なことがあるでせうか、私達の花の世界では、笑ふことをかたく禁じられてゐるのです、もしも笑ふことがあれば、その時がいちばん不幸なときとされてゐるのです。』 と言ひました。『でもわたしは、笑つてみたいんですもの、思ひきつて大きな声でね、どんな恐ろしい不幸がやつてきても』 緋牡丹姫の唖娘はかうしみ/″\と言ひました。 白い牡丹の花はたいへん緋牡丹姫に同情いたしました。そしてそのうちの頭《かしら》だつた牡丹がみなの牡丹に相談をしてみました。『哀れな、笑つた事のない緋牡丹姫の為に、私もいつしよに笑ひませう。』

— posted by id at 01:42 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1248 sec.

http://ebook-my-home.com/