あの意地悪婆さんが

『雄鶏さん、大変ですよ、あの意地悪婆さんが、飛[#「飛」に「ママ」の注記]んでもないものを喰べて、』 一羽の鶏が、雄鶏のところに、あわてて注進にきました。 最初婆さん鶏が、鶏小屋の隅の暗いところで、ひとりで白い丸い物を、むしや、むしや、喰べてゐました、それをみつけたのは若い雌鶏達でした、そして婆さん鶏は、自分だけで喰べようと頬張つて、眼を白黒させました、そこへ若い雌鶏が、飛びついてその白い物を奪ひ取りました、それからが、小屋の中は、上を下への大騒ぎとなつて、この白い物の奪ひ合が始まつたのでした。 雄鶏もやつてきて見て驚ろきました、それは奪ひ合つてゐる白い物は、鶏卵《たまご》の殻であつたからです。 小屋の騒ぎに、鶏飼人がやつてきました。『やあ、これは大変だ、卵を喰べる悪い癖がついたぞ』 鶏飼人は、鶏たちに卵を食はせまいとして、追つかけ廻し、以前にもました大騒ぎとなり、鶏たちは埃を舞ひあげて、柵の中を逃げ廻りました。 その騒ぎもしづまりました、夕暮がきて、鶏たちの眼も、だんだんぼんやりと見えなくなつてきました。 雄鶏は一家族の数をあらためました、十三羽ちやんと居て、一羽もはぐれてをりません、『みんな、これから眠りませう、その前にちよつとお話をいたします。今日は神様も、我々家族をお憎みになつて、おいでだらうと思ひます、それといふのは、昼の騒ぎです、もつとも近頃は鶏飼人の不親切で、さつぱり瀬戸物を砕いたのを、我々にくれません、しかし瀬戸物がなかつたなら、私達は小砂利を拾つて喰べればよいのです、けふのやうに、鶏のくせに卵を喰べるやうなことがないやうに、私達は卵を産むのが仕事ですから』 かう一同に言ひました、若い雌鶏達は、こころから悪いことをしたと考へました。 婆さん鶏は、雄鶏をじろりと見て

— posted by id at 02:00 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.0595 sec.

http://ebook-my-home.com/