俳優女流諷刺詩篇

カミナリ小説家は滑稽なものだ勝つたのさ糸繰りの歌日本的精神一九三八年情死寸感学生の頭の問題朝の歌夕焼色の雲の断片作家トコロテン氏に贈る大弓場の詩小松の新芽寓話詩ある小説家に与ふジイドと洗濯婆泥酔歌青年歌刺身無題(遺稿)画帳(遺稿)親と子の夜(遺稿)

◆俳優女流諷刺詩篇俳優人物詩 赤木蘭子論 滝沢修論 宇野重吉論 三島雅夫論 細川ちか子論 小沢栄論

女流諷刺詩篇 太田洋子 風見章子 小山いと子 轟夕起子 真杉静枝 松原 操 水戸光子 森 赫子 矢田津世子 由利アケミ 長谷川時雨について 神近市子について 板垣直子について 或る女流作家に与ふ

— posted by id at 02:10 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.4338 sec.

http://ebook-my-home.com/