勢ひ強い語気

     2

勢ひ強い語気や、はげしい物言ひ、男のやうなあなたの性格は益々私に逆にあなたの女らしさを感じさせるだけだし、あなたが現代の女の霊魂の沈滞のために代表してたゝかつてゐる悲壮なるものを私はあなたからうけとる。

     3

女には底の知れないふかいところに、到底男の理解ができない『凝結《かたまり》』があるとある友が私にいつた言葉をふつと思ひ出しながら、こゝろよいあなたの声の空気の震へに身をまかせて話しつゞけてゐる私の唇が、突然、衝動的に歪んだあなたはそれを見てとつたでせうか、すべての男性的な女に対して女の誤まつた理性に就いての感想がふつと湧いたのです、私が現在女性に対して感じてゐることは男としての女に対する焦燥があるだけです。女に対して心に焦らだちをもつた男の一人です。誰が我々に男と女といふ性の区別を与へたのだらう、一つの谷を降りて行きます、

— posted by id at 02:13 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.0263 sec.

http://ebook-my-home.com/