パドマとは梵語の蓮をいふ

パドマ  ――パドマとは梵語の蓮をいふ――

この世に怖ろしいものは韻律であらう、あらゆるものは、これをもつて捕へることができる、無智な人々へは単純な韻律の繰り返しを与へたらよい、寺では木魚を鳴らすポクポク、ポク、ポク、ポクポクとなんまいだ、なんまいだ、なんまいだ、君がもし恋人を計画的にくどき落さうとするならば彼女を、醒めてゐるものを――夢の世界へ突き落さうとするのであれば、乱調子に女の肩をゆすぶつてはいけない、ただ静かに単純なくりかへしをもつて彼女のもつとも××腺に近いところを叩いてゐたらいゝすると彼女は君のために、うつとりするだらう、無智なる時代は七五調をもつて恋文を書いたらいゝ、無智なる時代は五、七、五、七、七をもつて恋歌を組み立てよ、平和とは単純であるか――、今はあらゆるものが波立つ

— posted by id at 02:17 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.0840 sec.

http://ebook-my-home.com/