池の面に咲いてゐる蓮

その響きは池の面に咲いてゐる蓮がいま暁の瞬間に生命の花ひらく感動の声か――、あるひは娘が処女性を失ふ瞬間に軽い驚きを、ともなつた感動の声のそのやうにか――、ひとつの物体が、充実したつぼみの世界から更に大きな開花の次の充実の世界へ移つてゆくその瞬間に、自然に発する声か――、それとも抵抗する蓮の花弁を百姓の力をもつて中から強く押し開いた掛声であつたか――、いや、いや、花びらに自由自在開き且つ閉ぢることのできたのは、人工的なカラクリの蓮の声であり、仏の声である、生きた蓮の花開く声ではない、生きた百姓の声ではない、――無智、と叫んで己れを罵つた百姓の苦悶の最後の二言は僧侶の騒音、寺院のあらゆる整頓された儀式の形式に打ち消され 彼はただ蓮の中で己れの口から発し それを己れ の耳に聴いたにすぎない

— posted by id at 02:22 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.0661 sec.

http://ebook-my-home.com/