或る旦那の生活

或る旦那の生活

一人の政治家がをりました。靴をはくにも自分の手をかけたことがない、椅子に腰かけぬつと足をつきだすと女中が履かしてくれる赤い絨氈は座敷から玄関先までつゞいてゐるから靴には塵ひとつつけずそのまゝ旦那さまの足は自家用の自動車の中へ。葉巻をくはへれば傍の秘書がマッチをつけてくれる車が停まればドアは運転手があけてくれる旦那さまは手も足もいらないイザリであつても政務には結構ことたりる財布をあけると銀行では金を入れてくれる「あれが慾しい、これが慾しい」と眼でもの言へば、デパートでは、金持、政治家、身分いやしからざるものにはそれぞれ係りの店員がゐて○○様係りの店員は片つ端から品物を配達部へ廻してしまふ、代金はお邸の方へとりにゆく。旦那さまには無人の野を行くがごとき大胆不敵の生活ぶり。

— posted by id at 02:25 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 1.9843 sec.

http://ebook-my-home.com/