喜怒哀楽の歌

喜怒哀楽の歌

悲しみよお前おかしな奴どこまで泣きに行つてきたのか身をよぢらしてお前は螺旋状の糞をする

怒りよ可愛い私の下僕忠実に梶棒をふりあげて盧頂骨を撃つてこい敵の骨が何と泣いたか報告しろ喜びよ、警戒しろ

倒れたことは死んだことにはならない止めをさすのを忘れるな商人のやうに勝敗けを精算してからにしろ楽しみよそれはたたかひだ生来の闘争児のためにだけオルガンのペタルを踏み歩くやうに人生は鳴る

茜《あかね》色から朝に変るやうに夕映《ゆうばえ》から夜にかはるやうに移りかはり激しく貧しいものだけが真実の喜怒哀楽を享楽する。

— posted by id at 02:36 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1271 sec.

http://ebook-my-home.com/