糸繰りの歌

糸繰りの歌

たまらなく私の胸を親切に掻きたてゝくれる私の祖国日本よこれ以上私はお前に親切にしてもらふことは堪へられないもし私の母親のお腹が五人の兄弟を一度に生んだのなら一人を日本へ一人をフランスへ一人をスペインへ一人を支那へ一人をロシヤへみんな離れ離れに旅立つてしまつたであらうでも幸ひなことに私は一人息子であつた私の日本は私を優しく横向けに、ときにはさかさまに抱いてくれるそして私は無事に大人になつた貧乏をする自由も女に恋することも覚えた留置場の見学団にも加はれば鞭でうたれると私の尻が鶯のやうに鳴くことも発見した暁はくりかへされた見聞はひろまつた夜がやつてきた売娼婦が私を抱へたおゝ、祖国の運命よ、いつまでも気狂ひじみないでくれ新聞売子の鈴の前で私を飛びあがらさないでくれのべつにさう熱いアスファルトを舗道に流さないでくれ私の心の底はあつても靴の底はないのだから私の父と、私の母と、私の祖国のために私は祈らう、十字を切らう私の運命はしづかに糸をくるやうにほどけてゐる愛する人が一方でそれを巻いてゐる祖国よ、お前の糸も動いてゐる誰が巻いてゐるのかフランスかドイツかオーストラリヤかそれは悲しいことだ祖国よ、かつてお前が土の上にうみおとしたお前の子である私に巻かしてくれ私はいま心から親切に酬いようと思ふそれは決してお前の糸をまつ白のまゝではおかないだらう私はほんとうに美しく彩つてあげようから。

— posted by id at 02:40 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.0621 sec.

http://ebook-my-home.com/