情死

情死

真実を最後のところまで押してゆかう海の上の高い崖際まで下ではどうどうと波が岩をうつてゐるそこから下をみおろして泣かう、女よ、真実よ、お前を先に突落して逃げかへるやうな私は薄情な男ではない人生とはその日、その日の、情死の連続のやうなものさ、あの男は生活と抱きあつてゐるし、あそこでは芸術と抱きあつてゐる、こつちでは味方と抱きあつてゐればあつちでは敵と組みあつてゐる、私はプロレタリアに心から惚れたどこまでもお前と抱きあつて離れない。

寸感

笑へ 女よお腹の中の打楽器をうち鳴らせ若き日の楽譜はケラケラと歌ふ若き日のお腹の中の打楽器はやがてオギャ、オギャと鳴るであらう

— posted by id at 02:42 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.0871 sec.

http://ebook-my-home.com/