親と子の夜(遺稿)

親と子の夜(遺稿)

百姓達の夜はどこの夜と同じやうにも暗い都会の人達の夜は暗いうへに、汚れてゐる父と母と子供の呼吸は死のやうに深いか、絶望の浅さで寝息をたてゝゐるか、どつちかだ。

昼の疲れが母親に何事も忘れさせ子供は寝床から、とほく投げだされ彼女は子供の枕をして寝てゐる子供は母親の枕をして――、そして静かな祈りに似た気持でそれを眺めてゐる父親がゐる。

どこから人生が始まつたか――、父親はいくら考へてもわからない、いつどうして人生が終るのかも――、ただ父親はこんなことを知ってゐる夜とは――、大人の生命をひとつひとつ綴ぢてゆく黒い鋲《びよう》のやうなものだが子供は夜を踏みぬくやうに強い足で夜具を蹴とばすことを、そんなとき父親は突然希望でみぶるひする――夜は。ほんとうに子供の 若い生命のために残されてゐる、と----------------------

— posted by id at 02:51 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.1269 sec.

http://ebook-my-home.com/