友人の妹

[#4字下げ]第六 友人の妹[#「第六 友人の妹」は中見出し]

 事情に駆《か》られて婚礼を急ぐほど不幸なる者はなけん。さりながら今の世には聞く人もまたかかる事情を怪《あやし》まず。妻君は客の心を察し顔に「そうですねー誰《たれ》か貴客《あなた》に相応した娘さんがありますとちょうどいいけれども、誰かないかしらん。あの中川さんのお妹子《いもとご》さんが去年の暮にお国から出ておいでなすったそうです。貴客はまだ御存知ありませんか」客「イエ一向知りません。中川君も大学以来の朋友で国に妹があるという事は聞いていましたが今度東京へ呼んだのでしょうか」妻君「ハイそうだと見えます。暮に良人《やど》が中川さんへ参ったら中川さんがお引合せなすったそうです。お国は長崎で料理の事は大層進んでいる処《ところ》ですのにそのお妹子さんは神戸や大阪にお在《いで》でよほど料理がお上手だそうです。良人はその時お妹子さんのお拵《こしら》えになった豚料理を御馳走になりまして非常に美味《おい》しかったと帰って来て申しました。私にも是非そのお料理を覚えるようにと命令《いいつけ》られましたから暇の時|教《おそ》わりに参るつもりです」と聞くより客は膝進ませ「それは耳よりです。僕の志願は料理の出来る女房を持って美味《うま》いものを食べたいというのです、外《ほか》の慾はありません。僕の楽《たのし》みは、ただ食べる事ばかり。人間は三度の食事を美味しく食べるほど幸福な事はありますまい。衣食住といいますけれども衣服は木綿でも済みますし家も大概で我慢が出来ます。三度の食事は一番身に直接ですからこればかりは力を尽さなければなりません。西洋人は生活費の過半を食物《しょくもつ》に費《ついや》すと聞きましたが、日本人は生活費の過半を無駄な遊びに浪費します。僕が女房を持ったら毎日相談して美味《うま》いものを拵《こしら》えて二人おとり膳《ぜん》でそれを食べるのが何よりの楽みにしたいのです」妻君「オホホおとり膳までおっしゃらなくってもいいではありませんか」客「マアさ、その位《くらい》な意気組《いきぐみ》ですから料理法に長じた女房を持ちたいと思っていました。中川君の妹は僕の注文通りです。長崎や鹿児島では娘に料理法を仕込むのが親の役目だと聞きましたがその上に神戸や大阪で研究したのなら申分ありません。中川君は美男子だから妹子さんも悪くないでしょう」妻君「私はまだ会いませんけれども良人の話しでは容色《きりょう》も好《よ》いそうです。中川さんよりもっと良《い》い位だと申しました」客「それならなおさらだ、年頃は」妻君「二十一、二位だそうです」客「どうでしょうその妹さんが僕の処《ところ》へ嫁に来てくれましょうか。奥さん一つ僕の橋渡しになって先方の心を聞いて下さいませんか」妻君「大層お気の速いこと。中川さんは貴君のお友達ですからともかくも中川さんの家《うち》へ往《い》ってその妹子さんに会って御覧なさい。お会いなすった上で是非貰いたいとお思いなすったら御自分でおっしゃりにくいでしょうから、私が橋渡しをしてもようございます」客「ハイ参りますとも。そんな事がなくとも、今日は此方《こっち》から中川君へ廻るつもりでした。では早速中川君の家へ出かけましょう。今の事は何分よろしく」と大急ぎにて出《い》でて行く。妻君送り出して打笑《うちわら》い「ホントに罪のない人だ」

— posted by id at 12:55 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 1.9762 sec.

http://ebook-my-home.com/