大食家

[#4字下げ]第七 大食家[#「第七 大食家」は中見出し]

 中川と呼ばれしは二年ほど前に大学を卒業し今は或る文学雑誌の編輯《へんしゅう》に従事する人物。下宿屋|住居《ずまい》も不自由とて去年|新《あらた》に家を借り下女を雇いて世帯を任せしがこれも何かに不便多く、国元より妹を呼寄せて女房の出来るまで家事を任せ好《よ》き口あらば東京にて嫁入《よめいり》させん下心。兄の中川は年始廻りより帰り来りて衣服《きもの》を着換え「お登和《とわ》や今日の豚料理はどうだね、美味《おい》しく出来たかえ」妹「ハイ先日よりも良く出来ました。暮に小山さんとおっしゃるお方がいらっした時のは肉が悪い故《せい》でございますか誠に不出来でしたが今日のは兄さんが好《い》い肉をお捜し下すったお蔭で角煮《かくに》なんぞは長崎で拵《こしら》えるように出来ました」兄「そうか、それは何よりだ。余所《よそ》で頻《しき》りに晩餐《ごぜん》を食べて往《ゆ》けと勧められたけれども和女《おまえ》のお料理が出来ているだろうと思って何《な》にも食べずに戻って来た。そんなによく出来たら誰かを呼んで御馳走したいの。御馳走しても張合《はりあい》のある人に食べさせたいが、エート、もしや私の不在中《るすちゅう》に大原|満《みつる》という人は年始に来なかったかえ」妹「イイエまだお見えになりません」兄「では今に来るかもしれない。その大原というのは同じ学校にいた朋友だが校中第一の健啖家《けんたんか》で、その男の物を食べるには実に驚く。賄征伐《まかないせいばつ》を遣《や》る時には一人で七、八人前を平らげるという剛の者だ。鰻《うなぎ》の丼《どんぶり》なら三つ以上五つ位食べなければ承知せん位の大食家だ。あの男に和女《おまえ》の拵えた豚料理を御馳走したらさぞ悦《よろこ》んで食べるだろう。どうだね、御馳走は沢山あるかえ」妹「ハイ、もしやお客様でもあるかと存じて二、三人前は余分を拵えておきました。それに残りましても皆《み》んな二、三日は持ちますから」兄「それならいいがしかし大原にウムと食べられたら二、三人前で足りないかもしれん。少くとも五人前位用意しておかなければ安心が出来ない」妹「オホホ大変なお方ですね。定めしお身体《からだ》でも大きくっていらっしゃいましょう」兄「イイエ身体も大きくはない。肥《ふと》ってはいるがむしろ小男の部だ。その代り腹ばかり太鼓《たいこ》のように膨《ふく》れている。ビールの招牌《かんばん》にありそうな便々とした腹を持っていて普通の洋服では釦《ぼたん》が合わん仕立屋がズボンの仕立に閉口する位だ。その大きな腹は残らず胃袋だから驚くさ。外《ほか》の人の身体は五臓六腑の中に胃袋もあるというのだけれども、あの男の腹は胃袋の周囲《まわり》に外の臓腑が寄食《いそうろう》をしているようだ。何にしろあの男に豚料理を食べさせたいよ。早く来ればいいな」妹「もしや外で晩の御飯を召上っていらっしゃるといけませんね。呼びにお上げなすったら如何《いかが》です」兄「まだ下宿屋生活をしている人物だから今頃|家《うち》にいる気支《きづかえ》がない。殊《こと》によったら小山君の処《ところ》へ寄ってそれからここへ来るかもしれない。オヤオヤ来たぞ、門の外にバターリバターリと重そうな足音が聞える。あれは大原に違いない。腹が大きくって速く歩けんから急ぐ時でも豚の歩くようだ」と噂を聞いてさえ興《きょう》を催《もよお》しければ妹は如何《いか》なる人物ならんと好奇心より早く見たくなり窓の格子戸《こうしど》へ顔を当てて「兄さん、きっとそうでございますよ」

— posted by id at 12:56 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.2295 sec.

http://ebook-my-home.com/