廃物利用

○食物が胃中にて脳の中毒作用を起したるものは甲状腺にて防禦すれども腸に入れて門脈へ流入する毒分は肝臓にて消毒および解毒さる。故に肝臓に疾患あると人は食物中毒に悩むものなり。[#ここで字下げ終わり]

[#4字下げ]第十四 廃物利用[#「第十四 廃物利用」は中見出し]

 豚料理の食卓は忽《たちま》ち勝手へ運び去られたり。娘お登和が盆へ載《の》せて持来れるは珈琲茶碗《こーひーぢゃわん》と小さき菓子皿「大原さん、食後のお菓子を一つ召上って御覧なさい。これは林檎《りんご》の淡雪《あわゆき》です」大原は苦しそうに我腹《わがはら》を撫《な》で「モーどうも水も通りません」主人笑いを忍び「だがね大原君、これもやっぱり化学作用の一つで肉を食べた後に菓物《くだもの》を喫《きっ》すると消化を助けるぜ。食物と食物とがお互に消化作用をする。昆布《こんぶ》と竹の子と一所に煮ると双方とも非常に柔《やわらか》くなるようなものだ。餅を沢山食べ過ぎた時|大根卸《だいこおろ》しを喫すると忽《たちま》ち胸がすくのもその訳だ。心太《ところてん》を食べて黄粉《きなこ》を舐《な》めると心太が溶けてしまうし、牛肉を食べた後にパインナプルを喫すると消化が速い。試みに牛肉へパインナプルの汁をかけておくと肉が溶けて筋ばかり残るそうだね。何《な》んでも肉の後に菓物を喫するのはいいよ、一つ遣《やっ》てみ給え、その淡雪は口へ入れると溶けるぜ」と言われて、大原も一|匙《さじ》口へ入れ「なるほど溶ける非常に美味《うま》い。お登和さんのお料理だと思うと一層|美味《おい》しゅうございますが、これは林檎をどうしたのです」と段々直接に言葉を交えんとす。お登和はその褒詞《ほうし》食物にありと信じ「それは貴君《あなた》が下宿屋でなさる事も出来ます。先ず林檎の皮を剥《む》いて小さく切って心《しん》を除《と》って鍋へ入れますが水は少しも要《い》りません。水気が少しでも交ると早や早や悪くなります。水なしにお砂糖を少し入れて最初は蛍《ほたる》のようなトロ火へかけておくとその温気《あたたまり》で林檎から汁が出て鍋一杯になります。その時段々火を強くして暫《しば》らく煮ると林檎が柔《やわらか》になって、それを汁と一所に裏漉《うらごし》にしてゼラチンで寄せるのです」大原「ゼラチンとは何です」娘「西洋の食用膠《しょくようにかわ》で、食品屋には何処《どこ》にでもあります。大林檎一ツへ薄いゼラチンならば二枚位厚いのなら一枚位を水へ漬《つ》けておくと柔になって火にかけると直きに溶けます。その中へ林檎の裏漉しにしたのを入れてよく掻《か》き交《ま》ぜてそれから器《うつわ》ごと水の中へ漬けると寒い時には一時間位で冷えて固まります。林檎はフライにしてもお菓子にしても何の料理に使っても結構ですがこの淡雪が一番|美味《おいしゅ》うございます。ゼラチンと交《ま》ぜる時レモンとか杏《あんず》の液《しる》とかを加えるとなお美味しくなります」と御馳走よりも講釈が多し。大原今度は珈琲を飲み「これは色が薄くって味が濃くって大層妙ですな」お登和「それは玉子の卵白《しろみ》でアクを除《と》りましたのです」大原「ヘイ随分|贅沢《ぜいたく》な珈琲ですな」お登和「贅沢のようで贅沢でありません。外《ほか》の事で玉子を割りますとその殻《から》をそっくり保存《と》っておきます。殻の中へいくらかずつ白みが残っていますから空気に触れないようにしておくと固まりません。珈琲を煎じる時一人前にその殻を二つか三つも交ぜてよく砕いて掻廻《かきまわ》しますと珈琲のアクがすっかりその殻についてしまって漉《こ》さずに茶碗へ注《つ》いでも黒い粉が出ません。第一味が淡白になって結構です」大原「なるほどいわゆる廃物利用ですな。注意一つで何でも役に立ちますね」主人「だから君が妻君を貰ったら僕の家へ稽古によこし給え。食物の廃物利用はまだ外にも沢山あるから」大原「またその事を言う。僕は泣きたくなるよ」と遂に暇《いとま》を告げて下宿屋に帰りぬ。今夜の夢には定めてお登和嬢を見ん。

— posted by id at 02:10 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.4613 sec.

http://ebook-my-home.com/