申込み

○熱海のポンスは柏屋にて発売す。○小田原の梅干は美濃屋および枕流亭にあり。塩辛柚餅等も同様なり。○柚餅は枕流亭が本家なり。○磯松風は菓子屋佐野屋にあり。○自然薯煎餅は宮の下末広堂にあり。○蒲鉾は小田原伊勢善および日比藤有名なり。○ケワイ団子はケワイ坂鉄道踏切の側にあり。○浦賀の水飴は西浦賀田中和泉屋にあり。今は盛に外国へ出輸す。○水飴は半ば有益なる葡萄糖に変化したる糖分六割と糊精一割六分と少量の蛋白質を含み、滋養分|甚《はなは》だ多く、最も小児と老人の食物に適す。西洋にてはマルチエキスとて大に水飴を賞用し、砂糖の代りに牛乳へ交ぜて小児に与う。○下等の水飴は砂糖を交えて製する故小児に害あり。[#ここで字下げ終わり]

[#4字下げ]第二十七 申込み[#「第二十七 申込み」は中見出し]

 愛想の尽きたるお登和嬢を大原のために取持たんは甚だ難事ながら親友の情誼《じょうぎ》とて小山夫婦も大原の心を憐《あわれ》み、ともかくも中川の同胞《きょうだい》を説き付けて充分に力を尽すべしとその夜はお登和嬢の手に成れる料理を飽食《ほうしょく》して大原を帰し、翌日主人小山が土産物の品々を携《たずさ》えて中川の家を訪《と》えり。中川も妹にかぶれてや食物道楽に心を奪われ、今日も妹を対手《あいて》に御馳走の研究をなしいたるが小山より心を籠《こ》めたる土産物を貰《もら》いしが何より悦《よろこ》ばしく「小山君、僕もこれから心がけて諸国の名物を聚《あつ》めようと思う。名物に美味《うま》いものなしというけれども決してそうでない。

— posted by id at 02:22 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0457 sec.

http://ebook-my-home.com/