十一月二日(水曜)

[#1字下げ]十一月二日(水曜)[#「十一月二日(水曜)」は中見出し] 十時起き、今日から楽屋で髭を剃るので朝は剃らない、気持が悪い。一人で神戸行き、電車中江戸川乱歩の「悪魔の紋章」を読み出す、面白い。神戸で藤山に会ふ約束。藤山のお母さん同道、しっかり者で中々の雄弁アホられる。ベルネ・クラブで食事、ランチはボイルドビーフに野菜、これをしきりにアンコールして食ふ。藤山のお母さんがドシ/″\払ひを済ませるので面喰ふ。阪急で座へ。明日の祭日を控へて好景気、「大番」出来よく、「ハロー大阪」もよく受けた。ハネてサンボアへ山野・大庭とで行くと、小田末造がゐた。南の明陽軒へ寄りビフテキ食って帰る。 サンボアの酔客中、味覚通らしいのが一寸面白いことを言った。大阪の朝めしは、まづい、と言ったのに対して、大阪には朝めしを楽しむ風習がないと言ふのだ、つまり働くために、すべてがあるので、大阪の食味は夜からだと言ふのだ。なるほど。

[#1字下げ]十一月三日(木曜)[#「十一月三日(木曜)」は中見出し] 今日はマチネーである、十二時すぎに出かける。大入満員だ、「大番頭」よく受ける、今度はこれだけが芝居だ、マダムの方は着換へばかり急がしい。昼が終ると、上森健一郎・滝村和男が来り、アラスカへ飯食ひに行く。ポタアジュにサワクラウトとハム・ソーセージ。ハムがうまかった。座へ引っ返すと、川口松太郎来り、戦地の話をきく、二二六の残党が、活躍してる話など面白し。夜の部も溢れる大満員、「大番頭」快演、わッわと受ける。ハネが十時半すぎた。十時十五分位にはハネたいものだ。上森と滝村が待ってゐて、新大和といふ宗右衛門のうちへ行く。一時になると追ひ立てられる気配になるので気分よく飲めない。

— posted by id at 06:31 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.0224 sec.

http://ebook-my-home.com/