十一月四日(金曜)

[#1字下げ]十一月四日(金曜)[#「十一月四日(金曜)」は中見出し] 十時起き、髭は楽屋で剃るつもりだったが、風呂へ入って剃らないのは気色が悪いので剃る。朝飯は昼食がお招ばれ故控へようと思ったが、持たず、軽く致す、旅へ出ると食欲が旺盛になる。十二時に宿を出ると川口町の天華倶楽部へ、小林富佐雄氏の招待。座員十数名。こゝの支那料理はかなり支那式に近いのであらう、粗末ではあるがわりにうまく品数やたらに多く出る。充分食ひ、満腹。座出る。今夜も殆んど満員である。「大番」から大受け。ハネて、又サンボアへ、弘美館のオルドヴルとって食ひ、野球ゲーム五千五百以上入って十銭でカクテル一杯のんだ。

[#1字下げ]十一月五日(土曜)[#「十一月五日(土曜)」は中見出し] 十二時半に東宝支社へ「ロッパのおとうちゃん」完成試写あり、座員数名見物。自分じゃ分らないが、見るもの大いに泣かされると言ふ。それじゃ興行的によからう。何としても寅次郎ハメ外しの場多し。それから十何名揃って御影の嘉納氏訪問。嘉納氏自慢のグレートデン二匹見る、凄い。鰻をとって呉れたのでこれを食ひ、失礼したが大分時間迫り、序幕連中は、阪神から駆け出し、それでも開幕五分おくれた。入り満員、でも何だか静かな客。もう芝居も大体ハコに入り、ハネも十時二十五分。山野・堀井・石田と南へ出て、明陽軒へ。あまり飲まぬことゝした、一時に帰宿。

[#1字下げ]十一月六日(日曜)[#「十一月六日(日曜)」は中見出し] 十二時すぎ座へ入る。大入満員、「青春」の大詰終って、廻ってる舞台から裏へ抜けようとして、向ふ脛をイヤッて程、材木にぶつけちまひ、しばしは痛さに参った。昼の終り、ガスビル迄、花井と轟を連れて、地下のグリルへ。ひらめの煮込とチキンロース。大阪日日の記者愚問を発しに来りテコづらされる。夜の部も大満員だ。まあ今日迄は分ってゐる、明日からの勝負。「大番」よく笑ふ。「青春」他愛なく又笑ひ、「ハロー」も充分受けてゐる。ハネ十時二十分、よくなった。ハネて、白川道太郎と山野・大庭を連れて南へ出て、赤玉へ行ってみる。白川は、満鉄へ入ったが復へ戻りたい希望、又入れと言ってやる。赤玉のボルのには驚いた。

— posted by id at 06:32 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 1.9902 sec.

http://ebook-my-home.com/