十一月十六日(水曜)

[#1字下げ]十一月十六日(水曜)[#「十一月十六日(水曜)」は中見出し] 二時すぎに出て、梅田映画劇場へ。今日が「ロッパのおとうちゃん」初日である。十日封切の筈を延して貰ったのだ。中川三郎のアトラクションがあって、「ロッパのおとうちゃん」、セリフなんぞ聞えない程の笑ひ多し、入りも大満員である。安心した。堀井と伊東を呼び出して、川口町天華クラブへ支那料理食ひに行った。三人で八円のを注文する、食ひ切れない。座へ出る。柳は今日昼帰京した。入りは、映画へとられる心配も先づなさゝう、九分の入りである。ハネて、又サンボアへ。花柳の衣裳つけになったオコ太郎をよんで、床山のマア公と、のませ、南へ出て、両名を送り込ませ、帰宿。

[#1字下げ]十一月十七日(木曜)[#「十一月十七日(木曜)」は中見出し] プレシドン・ドウメル行。 十時パッと眼がさめる、食べる――となると此のハリキリ。速水育三と理学博士清水氏と待合せ、神戸港突堤へ、プレシドン・ドウメル、五月にも一度来たことのある船、バルベ氏が日本話のうまいルキエン氏と共に来り、バアで先づカクテル。食事はいきなりオイスター、こいつは食へず、残念。オルドヴル幾つか、コッパと称するソセーヂが変ってた、ロブスターのチーズ焼、うまい/\と又食ふ、カリフラワー、次がチキンと野菜これもお代りした、サラダはドレッシングが流石にうまい。キャメルとラッキイストライクの罐を貰って帰る。バルベ氏の船長見物に来た。ハネて、サンボアへ呼び、ウイスキソーダでプロヂットする。船長シュヴァリエ張りで歌ふ。

[#1字下げ]十一月十八日(金曜)[#「十一月十八日(金曜)」は中見出し] 十一時起き、家の飯が恋しい。二時に迎へが来り、大手前の陸軍病院へ慰問に行く。座員色々やり、藤山もアコディオン持ってたっぷりやり、僕、例の歌漫を一くさり。重傷多く、余興場からマイクで各室へとってゐる由。桜ばしの多幸平へ行く。目板かれいの塩やきうまし、季節ものゝあげかぶらで飯を食って座へ。今日も大入満員、映画もとても評判よろし。京都から滝村・岡田敬・斎藤寅次郎が来た、「大久保」打合せ、二十一日夜のことゝする。ハネて又々サンボア、正弁丹吾のおでんとって食べる。帰宿一時。

— posted by id at 06:34 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.0949 sec.

http://ebook-my-home.com/