十二月二十二日(木曜)

[#1字下げ]十二月二十二日(木曜)[#「十二月二十二日(木曜)」は中見出し] 撮影「ロッパの大久保彦左衛門」完了。 今日こそはおしまひの日なのだ、十時に眼がさめると、うす曇りらしい、兎に角出かけてみる。撮影所の楽屋でのびて憂鬱になってゐると、晴れた、陽が照ってゐて雨が降ってゐる、その中で残りの城下町のシーン三カットを撮る、傘さして待ってゐる、陽は照ってゐる、珍景である。之がすみ、声の残り二つをセットで片付けてしまふと、アガリ、やれ/\これでチョンなり。試写室でラッシュを見、ついでに「エンタツ・アチャコの忍術道中記」を見る、ひどくつまらない、が、こっちのもかなりひどいと思った。

 十二月二十三日~三十一日(日記なし)

[#3字下げ]昭和十四年一月[#「昭和十四年一月」は大見出し]

[#1字下げ]一月一日(日曜)[#「一月一日(日曜)」は中見出し] 起床十二時。屠蘇・雑煮。母上・道子同道出かける。中野実出征留守宅へ「新婚二人三脚」の脚本料を届けに行く。それから雑司ヶ谷墓地に参り、三時に東宝グリルへ行く。一座の新年祝賀会である。座員一同揃ひ、君ヶ代を歌ふ。天皇陛下万才を三唱して、座へ出る。補助椅子も売り切れたさうで、去年より一層いゝ入りらしい。今年第一回の芝居が始まる。「松の一番」が、まづ受けた。二が「新婚二人三脚」これはひどい本故、めちゃくちゃをやって、わけもなく笑って貰ふより手はないと思ひ、例の半白痴的ハリキリボーイでやる。それがワッと来るので、杉寛の腰かけてる上へ、飛びついてみたりして、ます/\笑はせる。次が「遠山の金さん」、かなり安心してゐたのだが、思ったほどには受けない、僕が又悪く芝居にしすぎて、こはし損った感じもある。四が「ロッパフォリース」後半がいけなかった、特別出演のあきれたぼういずが、まあ/\受けてゐるが、タップの稲葉や歌の豊島珠江は一つも手がとれない。僕の「豪快ぶし」がクサリで、歌ふ気がしない。「フォリース」の作・編曲の鈴木静一もしきりにクサってゐる、井田一郎の指揮がクサリの大きな原因だ。帰宅してウイスキー少々のむ。

— posted by id at 06:42 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0488 sec.

http://ebook-my-home.com/