二月十九日(日曜)

[#1字下げ]二月十九日(日曜)[#「二月十九日(日曜)」は中見出し] 今日は一時開始だから先づ三時かな。でも二時近く迎ひ来り、東発へ行く。毎日同じやうなこと繰り返してるので日記してゝもわけが分らなくなる。小田の家の中から始まる。新協の鶴丸といふのが小田を演るのだが、阿部の注文きゝ切れず、何辺もやるからとても手間どる。終るのは明朝七時と見通しをつけ、専ら読書。阿部知二の「幸福」から正宗白鳥の「文壇人物評論」にうつる。夕食は、持参のシュウマイを食ったのみ。映画ぐらしは、楽しみをうばひ去られる。出場になったのは二時すぎ。かくてアガリはちゃんとにらんだ通りの午前七時。ねむい/\。

[#1字下げ]二月二十日(月曜)[#「二月二十日(月曜)」は中見出し] 三時迄眠る。今日は五時開始。宇野浩二と黙阿弥は今年の研究題目なのだが。正宗白鳥の「文壇人物評論」読んでゐると明治文学を一と通り読みたくなった。六時近く迎へ来り、東発へ。雨びしょ/″\と寒い。八時近くから、弁護士のオフィス一カット。それでセット代り。ライト置きかへの間たるや、ユウに一時間から二時間。渡辺・藤田房子も出るので、朝何時になるかアテッコする。うちから持参の弁当を食ひ、セットへは、おでんを持ち込んで皆に食はせる。さて、午前ももう六時といふに、これから又二三カットある。

[#1字下げ]二月二十一日(火曜)[#「二月二十一日(火曜)」は中見出し] 八時近くから鳥屋の門のところを三カットばかり。終ったのは、もう十時半。外は、夜中から雨が雪になってゐる。車にゆられて帰り、一時頃ねて、五時半に起きる。今日は此の天候でロケーションはない。女房とハゲ天で夕食し、帝劇へ行く。評判の「望郷」てのが、ちっとも面白くなく、デュヴィヴィエのコケおどかしが嫌味だった。松竹楽劇団の「シンギングファミリー」もつまらなかった。十時に、愛宕山へ。菊田脚色の「体操大臣」のテスト。例によって読み合せから、スタヂオへ入ってテスト二回。午前二時近く迄かゝる。一向面白くないものだから気のりせず。

— posted by id at 09:19 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 1.9917 sec.

http://ebook-my-home.com/