二月二十五日(土曜)

[#1字下げ]二月二十五日(土曜)[#「二月二十五日(土曜)」は中見出し] 午後三時すぎ迄、久しぶりでよく眠った。たしか五時開始だが、時間通り始めるわけはないから、母上と夜食しに新宿へ出た。紀国屋で新刊買って、天兼の天ぷら。軽くてうまい。上品ぶった花亭などより安いしうまい。それから、砧へ行く。柳が待ってゐて、要談二三。神経衰弱のやうで此の頃は不眠です、と涙を流すことなどあり。文ビルは、「ロッパ従軍記」のけい古に入ってゐるが僕・渡辺の主役二人が不在故はかどらぬ由、弱ったことなり。大学教室のセットに入る。上山来り、月給受取り、今回は慰労会の暇もないので百円也を滝村に渡させ、衣裳・床山への心附もさせてしまふ。

[#1字下げ]二月二十六日(日曜)[#「二月二十六日(日曜)」は中見出し] 砧のセット大学教室が、十二時すぎにアガリ、東発で杉原勾当の家が始まる。砧の食堂でフライエグスで飯を食ひ、東発へ向ふ。此っちの部屋はスチームなくとても寒し。火を起し、開始を待つ。始まったのが夜中の三時で、四十カット近くあるのを昼迄にアゲると言ってたが、つひに今夜も十二時になると見通しがついた。今夜は母上・女房と夕食の筈もオジャンとなり、風強き中を女房、銀座の京屋の鳥を持って来る、それを煮乍ら食事。やれ/\すっかり予定狂った、「ロッパ従軍記」も心配だ。午前中にあがらないと大変、明日の一時出発だ。

[#1字下げ]二月二十七日(月曜)[#「二月二十七日(月曜)」は中見出し] 撮影完了――大阪へ出発。 昨夜十二時には終るといふのが初めの予定、無理だらう、夜中の二三時か、と言ってるうち、それも無理で、先づ夜あけ、結局は九時でせうといふこと。杉原勾当の家の中がアガったのが六時すぎ、仕方のないことながら、いゝ顔をしてはゐられない。九時から、家の表を二カット。これでオールチョン。東発を後に、家へ帰ると、入浴食事もそこ/\に大阪行きだ。一時のかもめ。一等のコムパートメントを奢って眠らうかと思ひボーイに交渉すると、ちゃんと用意して呉れ、五時半迄眠り、食堂で夕食し、二等車へ帰ると又トロ/\眠る。九時二十分大阪着。まっすぐ南の竹川旅館へ行く。何しろ眠いので、すぐ眠る。

— posted by id at 09:20 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 1.8820 sec.

http://ebook-my-home.com/