四月十三日(木曜)

[#1字下げ]四月十三日(木曜)[#「四月十三日(木曜)」は中見出し] 今日は岡氏に昼食をよばれてゐる。多摩川近くの岡氏邸迄車で。桜新町といふ名の町、桜の並木美しく、驚いた。よばれたのは吉屋信子・門馬女史・川口・三益と僕、花柳章太郎は欠席。食事は簡単だがうまかった、野菜を実にうまく食はせる。三時近くに丸の内迄送られ、日比谷映画へ入り「巴里の評判女」[#横組み]“RAGE OF PARIS”[#横組み終わり]を見る、延々と長く、つまらない、愚劇である。座へ出る、入りは詰めれば八分ってとこだ。柳は、しかつめらしい顔して出て来てる。高槻運ちゃん昨夜事故を起し拘留されて、来ず、円タクで三円とられて帰宅。

[#1字下げ]四月十四日(金曜)[#「四月十四日(金曜)」は中見出し] 英太郎の家、喜多村氏も来て麻雀でもといふ話。女房同道十一時に出て、教文館の富士アイスで食事、チキンクリーム煮入りのホットケーキといふのは大ゲテ物。英家へは之も少々ゲテなる西洋ずしを届けさせといたが、中々好評。二荘やり、負ける。五時に座へ入る。今日は団体あるらしく満員である。「従軍記」つく/″\面倒くさし。「鶴八」の高野山で大道具がガタンピシンやるので客が「大道具うるさいぞ」と叫んだ。全く弱る。モヒ中毒の岡村健公来り十円タカられ、又銀座の中村マコが来り十五円とられ、くさる。ハネ後、上森と会ふため登喜本へ、高槻の自動車事故の件で又迷惑をかける、大庭より柳が近々座をやめると語ったことをきく。 喜多村氏は「百鬼園」を絶讃、他に真似手なしと言ふ。「鶴八」は、こわし足らず、高野山は、あの道具では誰でも動けるものじゃないと言って呉れた。

[#1字下げ]四月十五日(土曜)[#「四月十五日(土曜)」は中見出し] 十二時起き、二階で読書ピョン/\。三時近く出て東宝ビル、那波氏と会談数刻、柳の事、上森出現は那波も大いに安心した由。五月は撮影、六月は十日間、久しぶりの日劇を開けてみようかと思ふ。それから日劇へ入り、ダンシングチームの「新鉄道唱歌」半分見て座へ。ニットーのサンドウィッチを食べる。柳は、まだノコノコ来てゐる。今日は、徴兵保険会社かの貸切りださうで、「従軍記」が受けて、「百鬼園」は、まるでピント外れ、大いにクサる。「鶴八」は、此ういふ客には打ってつけと見え、漫才から終り迄大喜び。高槻は、揉めた末、車を売ってしまった。帰りの車、中々無く漸くハイヤーに乗ると三円三十銭、此う高いんじゃあ弱る。床へ入り武者小路「牟礼随筆」を読む。

— posted by id at 09:28 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.0972 sec.

http://ebook-my-home.com/