五月十三日(土曜)

[#1字下げ]五月十三日(土曜)[#「五月十三日(土曜)」は中見出し] ――帰京。 今朝も雨だ、ヘーヴィーレインだ。缶詰のおでん、冷たいのを食べる。しみ/″\色々なものを食ひたい。雨はやんだが晴れて来ない、晴れる迄白糸滝の現場待機と定り、出かける。途中、濃霧だ、白糸へ行っても霧、茶店で待機、焼鳥を売る爺あり、中々うまいので頻りに食った。結局、鳥食ひだけで、帰ることになる。何とムダなことだ。三時何分の富士発で帰京となる。大宮町の古本屋で買った「微笑行進曲」を読む。新橋下りるとすぐホテ・グリへかけつけ、ポタージュ、サンジェルマン、チーズ・スフレ、チキンロース等食って、内幸町の放送会館へ。今日から放送開始のビルディング、テストの終り二時。 カンヅメを色々食った。日本のカンヅメも発達して、カンヅメくさいのがわりになくなった。ゆであづきのカンヅメは優秀だった。牛肉、鶏肉は、やっぱり寒々とした、にほひがついてゐる。

[#1字下げ]五月十四日(日曜)[#「五月十四日(日曜)」は中見出し] 一時半迎へが来り、新放送局へ。三時四十分から、「オーケストラの親爺」放送。参観が多いので、いつもみたいに行儀悪くも出来ない、上衣脱いだゞけでやる。終ると、文ビルで、新入座員と研究生の試験をやる。女の子はお寒いのばかり、青年部と研究生には見込あるのが大分ゐた。研究生中、朝鮮人あり、一寸いゝ顔してるし採用する。上森来り、柳への慰労金千円也を渡して置く。それから林寛・上森・堀井で、近くのクラブで二荘やる。ダットサンの会社より借りたダットサン、高槻の運転で十一時半帰宅。

— posted by id at 09:33 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.0031 sec.

http://ebook-my-home.com/