五月二十七日(土曜)

[#1字下げ]五月二十七日(土曜)[#「五月二十七日(土曜)」は中見出し] 伊東――箱根 ロケーション。 六時起き、辛し。八時二十五分の東京駅発伊東行き。着くと、大東館といふ宿へ落ちつき、伊東駅のホームで、ワンカット撮す、と今日はアガリ、馬鹿々々しい、何のために此んなとこ迄来にゃならんか分らず。今度は箱根行きとなり、四時十何分に伊東発、塔之沢福住へ落ちつく。富士屋ホテルへ食事に行く。ハイヤ往復五円、ちと贅沢だが、うまかった。オルドヴルよし、トマトクリームスープよし、ベーキハムよし、ローストビーフよし、アイスクリームよし。塔之沢へ引返し、スタッフ連と麻雀。溪流の音きこえて此処も亦いゝ。明日は又早く起きねばならぬ、早起地獄だ。

[#1字下げ]五月二十八日(日曜)[#「五月二十八日(日曜)」は中見出し] 帰京、「ロッパの子守唄」撮影終了。 曇りらしく起しに来ない、でも七時に起きてしまふ。支度し、小田原の町を突抜けた所の多古養魚場付近、橋のとこ、田圃道で数カット。宿の弁当をうまい/\と食ひ、パッと晴れない薄日和だが、今度は町へ出て、八百屋の買物、箱根へ向ふ道で、プレーバックの続き、三時すぎオールチョン。宿へ引あげて一休み。五時三十分の小田原発で帰京、新橋で下り、迎への上山に、大西・塙・白川と今朝で牛鍋を食ひ、銀ブラして帰る。「浮世散見」読みつゝねる。

— posted by id at 09:36 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.1162 sec.

http://ebook-my-home.com/