五月二十九日(月曜)

[#1字下げ]五月二十九日(月曜)[#「五月二十九日(月曜)」は中見出し] 今日は用なき日、ゆっくり眠るつもりが、八時半に眼がさめる。悪い[#「悪い」に傍点]癖がついたものかな。女房と寺木歯科へ行き、ついでに僕の歯も診られ、「食指動くね、早くやらして呉れ」と言はれる。小松で理髪し、若松で栗ぜんざいを食べ、下二番町へ、秋子が、デブ/″\に肥ったのに驚く。そこから橘の家へ行く。旬報から友田と松村が来り、お定りの麻雀となり、十一時すぎ迄やったが、七千以上の勝、勝ってると頗る面白し。田原屋のハヤシライス、井うちの支那そば食べつゝやる。ダットサン修繕中のためハイヤ呼んで貰って帰る。

[#1字下げ]五月三十日(火曜)[#「五月三十日(火曜)」は中見出し] 十一時半、東宝ビルへ行き、那波・秦氏と話す。旅のコンダクター、一人入れたいのだ、然し福田宗吉乗気でないらしいので甚だ弱る。小林さん来り、東宝ビル三階の食堂で一緒に食事する。小林って人、全く人の話をきかず面白くない人である。那波も秦もたゞ鼻息をうかゞってゐるのが、つまらない。文ビルへ行く。人手がなくなると覿面に急しい、禀議いふ奴にサインするだけでも疲れる。近くのクラブで一荘やり、浅草へのして、来々軒のワンタンに中華丼、王国の生駒のとこでハトヤの冷コーヒー、結局みやこのウイと、浅草を満喫し、酔ひの帰り。 小林一三、僕の顔をつくづく見て、「君は、色が黒くなったねえ、役者になってから。」「いゝえ、ロケーションで陽に焼けたんです。」映画を撮ったあとしばらくは色が黒くなる。ぢきに元へ戻るが、何うも色が黒くなるのは、キラヒだ。

— posted by id at 09:37 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.0169 sec.

http://ebook-my-home.com/