実行の任

[#4字下げ]第六十七 実行の任[#「第六十七 実行の任」は中見出し]

 親友の小山はかかる事情を聞きて今までの意気組も俄《にわか》に失せたり「大原君、それではどうするね」大原「サアどうしようと思って昨夜《ゆうべ》から思案している。僕は固《もと》より最初からその従妹《いとこ》と婚礼する心はない。殊...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:17 pm  

嫁の宣告

[#4字下げ]第六十六 嫁の宣告[#「第六十六 嫁の宣告」は中見出し]

 大原は心の苦《くるし》みに堪《た》えざる如く幾度《いくたび》か溜息を吐《つ》き「小山君、君の奥さんには先日ちょいとお話ししたが僕の郷里に年頃の従妹《いとこ》がある。即ち本家の娘だ。その本家から僕は今まで学資を半分ずつ助《す》...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:16 pm  

新しき家

[#4字下げ]第六十五 新しき家[#「第六十五 新しき家」は中見出し]

 大至急の手紙には如何《いか》なる事を言来《いいきた》りけん、大原はその夜|終宵《よもすがら》懊悩《おうのう》して寝《ね》もやらず、翌日も心の苦《くるし》みに堪え難くてや起きも上らで昼過ぐるまで床の内にあり。ところへ訪《と》い...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:16 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0391 sec.

http://ebook-my-home.com/