[ カテゴリー » 日 記 ]

六月五日(月曜)

[#1字下げ]六月五日(月曜)[#「六月五日(月曜)」は中見出し] 十二時に迎へ来り、早稲田の中野の家へ寄り、七月「夏とダンディー」をやることを断はった。東宝ビルへ。那波・秦・山本、食堂にゐる。そこへ森岩雄氏も来り、森氏にチャップリンの事は一任する。九月以後のスケジュールにつき、森・那波と相談。今...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 09:38 am  

六月二日(金曜)

[#1字下げ]六月二日(金曜)[#「六月二日(金曜)」は中見出し] 早く眼がさめて困る、九時に起きる。十二時、ビクターへ行く。菊田一夫作・鈴木静一曲の「宵暗せまれば」といふ、夜店風景といったもの、つまらなくもないが、何せ古い。川田義雄が来り、身上相談、色々考へてやることにした。四時に歌舞伎座へ。羽...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 09:38 am  

五月三十一日(水曜)

[#1字下げ]五月三十一日(水曜)[#「五月三十一日(水曜)」は中見出し] 十時起き、今日は本棚の整理をするので、大西が手伝ひに来る。芝居に関するもの、随筆、ユーモア物と分けて並べる。昼頃、大庭が来り、皆で食事し、又続ける。脚本類も一とまとめにして、四時すぎすっかり済み。と急に天ぷらが食ひたくなり...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 09:37 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0218 sec.

http://ebook-my-home.com/